放置パレット 港に山積み 景観に影響、解決策模索へ 竹富町

各島で悩みの種となっている放置パレット=2018年2月5日撮影、黒島港

 竹富町の各島で荷さばきの際に使われるパレットが港で山積みとなっており、景観にも影響を与えている。竹富町議会でも一般質問で取り上げられるなど改善を求める声は大きい。同町は2019年度、対策協議会を組織し、放置パレットの排出者を明確するなど、解決策を模索しようとしている。

 ■どうしてこうなった
 なぜ港付近にパレットが放置されることになったのか。竹富町の説明によると経緯はこうなる。
 以前、同町では廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)が普及するまで、町民はパレットを各島で破砕、処理していた。その後、同法が周知されると、町民は野焼きなどで放置パレットを処理することがなくなった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る