候補生66人が陸自入隊 第15旅団、教育課程スタート

入隊式で整列し、執行者に敬礼する自衛官候補者ら=7日、那覇駐屯地

 陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は7日、今年度の自衛官候補生入隊式を行い、候補生66人が参加した。一人ずつ名前を読み上げられた候補生らはその場に起立し、全員で宣誓。自衛官になるための決意を示した。
 候補生らは今後、那覇駐屯地内で約3ヵ月の基礎的訓練を受ける前期過程に進む。その後、正式に陸上自衛官に任命され、各地の駐屯地でそれぞれの特性に応じた専門教育を受ける後期過程に移る。
 自衛官候補生は前期と後期合わせて6ヵ月の訓練で自衛官としての基礎と専門知識や技能を取得する。
 6月末までの前期過程では、集団行動や武器類の操作、体力練成などを実施。終了後は正式な自衛官として主に九州各地に赴任し、専門教育を受ける。今年は66人全員が沖縄県出身者だった。
 谷口慎第51普通科連隊長は式辞で「臆することなく励んでもらいたい」と述べ、候補生らの入隊を歓迎した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部の埋め立てを巡り、県による埋め立て承認…
  3.  県は16日、豊見城市の空手会館で、沖縄を襲った巨大地震に観光客も巻き込まれ、被災したとの想定で図上…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に石垣市健康福祉センターで開かれた講演会「辺野古軟弱地盤と平得大俣~土木技術士から見た自衛隊…
ページ上部へ戻る