屋良、島尻氏の一騎打ち 基地、沖縄振興など争点 衆院3区補選

衆院沖縄3区補選が告示され、沖縄市で第一声を上げる屋良朝博氏(右)、島尻安伊子氏=9日午前

 衆院選沖縄3区補選が9日に告示された。いずれも新人でフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)=無所属=と、元沖縄担当大臣の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明、維新県総支部推薦=が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場の辺野古移設の是非、本島中北部の振興策、子どもの貧困対策などの社会保障政策が争点。補選は、玉城デニー氏が昨年の知事選に出馬し失職したことに伴い実施され、21日に投開票される。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り、埋め立ての賛否を問うた県民投票から1年を迎えた24日、実施に向…
  2.  八重山方言研究に尽力した宮城信勇先生を偲(しの)ぶ会(主催・同実行委員会)が24日午後、アートホテ…
  3.  中国を中心に新型コロナウィルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、石垣島の歓楽街である美崎町でも…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る