辺野古「暴走建設だ」 野党、移設阻止へ来県

共産党の穀田恵二氏と笑顔で握手する謝花副知事(右)。立憲民主党の辻元国対委員長(中央)らが同席した=10日、県庁

 立憲民主など野党6党派の国対委員長らは10日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、那覇市で防衛省沖縄防衛局から意見聴取した。立民の辻元清美国対委員長は「ブレーキの利かない暴走建設だ」と批判。衆院沖縄3区補選に辺野古移設反対で立候補した屋良朝博氏の陣営も激励に訪れた。
 防衛局からの意見聴取では、出席者から、埋め立て予定海域にある軟弱地盤の調査や改良工事への質問が相次いだ。辻元氏は終了後の記者会見で、辺野古移設について「物理的に難しいと分かっているのに、無理に無理を重ねている」と批判した。
 辻元氏らは県庁に謝花喜一郎副知事を訪問。辺野古移設について「民意無視だけでなく、人権や自然破壊、日本社会全体への挑戦だ」と批判した。
 謝花氏は、国が県による辺野古埋立て承認の撤回を取り消したことに触れ「厳しく追及していただきたい」と訴えた。
 埋め立て海域で見つかった軟弱地盤について「新たな工法も問題点があり、具体的な金額や工期も示されてない。なぜ首相は一般的に実績が豊富な工法で安定性の確保ができると言えるのか」と疑問視した。
 キャンプ・シュワブ近隣施設が米軍機の安全のための高さ制限に抵触していることや「辺野古移設が完了しても返還条件が整わないと普天間は返還されない」と当時の防衛相が発言したことも挙げた。ジュゴンの死骸が発見された問題についても、移設工事の影響がある可能性を指摘した。
 これに先立ち、辻元氏らは辺野古沿岸部の土砂投入区域を船上から視察した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第43回沖縄県高等学校総合文化祭郷土芸能部門・第30回沖縄県高等学校郷土芸能大会(主催・沖縄県高等…
  2.  石垣市の自治基本条例が岐路に立たされている。市民グループが同条例を根拠に、石垣島への陸上自衛隊配備…
  3.  「2019年秋季火災予防運動」が9日から全国一斉にスタートした。15日までの期間中、石垣市消防本部…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日から、日本国際貿易促進協会の第44回訪中団に参加し、19日までの日程で北京を…
ページ上部へ戻る