那覇軍港移設23日協議へ 国と沖縄側、2年ぶり

 那覇市の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市への移設を巡る協議会が、23日にも防衛省で開かれることが、11日分かった。関係者が明らかにした。2年ぶりの開催。
 協議会は、防衛省をはじめとする国の関係機関と沖縄県、那覇市、浦添市、那覇港管理組合からなる。関係者によると、結論が持ち越されていた具体的な移設位置などを、改めて話し合う。
 移設先は浦添埠頭(ふとう)内。2017年4月の協議会では、民間港と軍港を一体化する案と、分離させる案が示された。一体化案は民間に与える影響が非常に大きく、分離案は小さいことを確認し合った。
 米軍牧港補給地区などの返還予定地を含めたリゾート開発を計画する浦添市は、埋め立て面積の縮小や景観保全などを理由に、一体化案を求めていた。
 那覇軍港は、1995年の日米合同委員会で日本側への返還が決まった米軍施設・区域。浦添市への移設が条件とされ、一部に反対意見がある。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国語科を中心に理論や実践研究をしている八重山結の会(大浜公三枝会長)が25日午後、八重山教育事務所…
  2.  第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)に沖縄代表で派遣され、文化庁長官賞を受賞した八重…
  3.  「Tell us night(テルアスナイト)―気になる4人の思いと本音が聞ける夜―」(主催・㈱エ…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  西表島の世界自然遺産登録に再挑戦する竹富町は、観光ガイドを登録制にする「竹富町観光案内人条例」(仮…
ページ上部へ戻る