口当たりもっと軽く 石垣島地ビール 「ハイビールライト」発売

「石垣島ハイビールライト」の発売を発表する塩谷社長=11日、モンゴリアンドランク石垣

 石垣島地ビール株式会社(塩谷篤代表取締役)は11日、新商品「石垣島ハイビールライト」を発売したと発表した。昨年2月に発売した、泡盛「白百合」を10%ブレンドした「石垣島ハイビール」の姉妹品。混合率は9%になり、口当たりの軽さが増した。「ハイビール」と同様、半年間の常温流通が可能で、塩谷社長は「石垣発のビールとして島外出荷と飛躍が望める」と期待した。
 同社によると「ハイビール」は発売以来、約2万8千本を売り上げた。消費者からは、泡盛の混合比を下げ、より「ゆっくりと長時間飲める」商品の要望があったという。
 「ハイビール」の混合比は「白百合」とビールが4対1だったが「ハイビールライト」は5対1になった。容器は330ミリリットルと200ミリリットルがある。市内の量販店などで販売している。
 塩谷社長は「今後はフルーツビールを作りたい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省からサンゴ学習団体「わくわくサンゴ石垣島」が委託を受け、川平小学校の5、6年生11人と地域の…
  2.  観光客の急増で狭隘(きょうあい)化が指摘される新石垣空港の国内線ターミナル増改築の着手が、2021…
  3.  第24回オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦・全日本少年少女空手道選手権大会(主催・社団…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  平成の沖縄は、オンリーワンの存在感を発揮してきた。令和の時代は勢いをさらに発展させ、オンリーワンで…
ページ上部へ戻る