陸自配備 解けぬ対立の構図 4地区住民 市長突き放す

 住民側が求めるのは、建設予定地での厳格な環境アセス手続き。その根拠となる県条例は、陸自配備計画の決定以降に改正されたものだ。
 防衛省が2018年度内に駐屯地建設工事に着手したことで、条例の経過規定により、陸自配備計画は条例適用を免れた。中山市長は「あとから作った条例で、実際に進んでいる(陸自配備)計画が制限されることは良くないと思った」と、着工を容認した理由を改めて報告。「最大限環境には配慮してもらおうとは思っている」と理解を求めた。ただ、現時点で防衛省に工事の一時停止を求める考えがないことは明言した。
 住民側は「汚染、破壊されてしまったら、取り返すことはできない」「情報もないのに着工までさせて、市は今まで何をしてきたのか」と納得しなかった。

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部の埋め立てを巡り、県による埋め立て承認…
  3.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る