國場幸一郎さん死去 県経済発展に貢献

 「國場組」会長などを歴任した國場幸一郎さんが11日未明、肝細胞がんのため那覇市の病院で死去した。86歳。
 国頭村出身。1958年に國場組に入社し、同社社長、会長などを務めた。県建設業協会会長などとして県経済の発展に貢献した。告別式は14日午後1時半~2時半まで、浦添市伊奈武瀬1の7の1、いなんせ会館3階で。喪主は妻啓子(けいこ)さん。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古沿岸部の埋め立てを巡り、県による埋め立て承認…
  3.  県は16日、豊見城市の空手会館で、沖縄を襲った巨大地震に観光客も巻き込まれ、被災したとの想定で図上…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る