市街地に光の架け橋 最新技術で夜のスポットに 石垣市

プロジェクションマッピングが使用された橋をみようと、市民らが駆けつけた=12日夜、サザンゲートブリッジ

 石垣市の光の架け橋創出事業で設置されたサザンゲートブリッジのライトアップセレモニーが12日夜、同橋付近で開かれ、本格運用が始まった。新しい夜の観光スポットとして整備。ライトアップが始まると、サザンゲートブリッジがLEDライトで輝き、最新技術を活用したプロジェクションマッピングなどで市街地に光の架け橋が現れた。
 同事業は内閣府の離島活性化推進事業で設置。事業額は7600万円で国8割市2割の負担。
 プロジェクションマッピングでは、橋脚と橋の裏側を光で当て、音楽に合わせてマンタや魚などが登場。青色や赤色に橋が輝いた。八重山の民謡も音声付きで披露された。音楽は橋付近と、離島ターミナルで流れる。
 今後、ライトアップは毎日行われる。ライトアップは午後7時30分から午後10時。イルミネーションショーは午後7時30分から午後8時30分。プロジェクションマッピングは午後8時と午後9時の1日2回、それぞれ15分間行われる。このライトアップは4月に限り、午前12時まで実施する。
 中山義隆市長は「LEDで最新のライトアップを使ってリニューアルした。地域住民にはいこいの場として、観光客には観光の思い出となってくれたら」と期待した。
 サザンゲートブリッジは1993年に設置。建設から25年が経ち、照明器具の老朽化が進んでいた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  誰が、何の目的なのか。激戦が続く衆院沖縄3区補選の選挙区内で「女に政治は無理」「女は台所に帰れ」な…
  2.  玉城デニー知事が日本国際貿易促進協会(会長・河野洋平元衆院議長)のメンバーとして訪中している。観光…
  3.  衆院沖縄3区補選(21日投開票)の選挙区内の街頭で「女に政治は無理」「女は台所に帰れ」と記されたポ…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄国際大学の前津榮健学長は20日、石垣市で八重山日報の取材に応じ、離島や遠隔地出身の学生に奨学金…
ページ上部へ戻る