那覇―中北部の高速船運航 観光振興や渋滞解消に期待

運航を開始した高速船。那覇と北谷を約25分で結び、平日の通勤客の利用ニーズにこたえる=13日朝、那覇港

 第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航を開始した。観光客や通勤客の需要を取り込み、車移動による渋滞の緩和に期待が高まる。初便には来県中の宮腰光寛沖縄担当相も乗船。報道関係者も乗り込み、那覇港を午後8時に出航した。
 那覇港や北谷フィッシャリーナ、恩納村サンマリーナ、渡久地港など各市町村の港に乗り場を設け、毎日、約25分から45分かけ運航する。
 那覇発で、各港を1日2往復で結ぶ「経由便」と、北谷と那覇を結ぶ「北谷便」がある。朝1便は北谷を7時15分に出航し、那覇に同40分に着く。那覇から北谷への折り返し便を経由便の第一便、「経由便」の最終便の折り返し便を「北谷便」としてそれぞれ運航する。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市立図書館(久原道代館長)の4~6月の利用者数が前年度比で6124人減少していることが分かった…
  2.  在沖米軍で新型コロナウイルスの感染が相次いでいる。東京都でも連日200人超の新規感染者が報告され「…
  3.  石垣市は、新型コロナウイルスで大きな影響を受けた中小企業や小規模事業を対象にした持続化給付金、家賃…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る