衆院3区、屋良氏リード 島尻氏猛追、大阪も自民苦戦 共同通信世論調査

 共同通信社は12、13両日、衆院沖縄3区、大阪12区の補欠選挙に関する電話世論調査を実施し、取材結果を加味して情勢を探った。沖縄3区は無所属新人で国政野党の支援を受けるフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)が優位に立ち、自民党新人で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=公明、維新県総支部推薦=が猛追している。大阪12区でも自民党候補が苦戦している。どちらも3割以上の有権者が投票先を決めておらず、情勢は今後変化する可能性がある。
 沖縄3区では屋良氏が野党各党の支持層から幅広く支持を集め、「支持する政党はない」とする無党派層も6割近くをまとめた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国共産党・政府の暴力的な体質を、世界にまざまざと示した事件だった。  中国当局が学生らの民主化…
ページ上部へ戻る