米兵3人の冥福祈る 石垣島事件で慰霊祭

花をたむけ祈りを捧げる参列者=15日、米軍飛行士慰霊碑前

 太平洋戦争末期、石垣島に不時着した連合軍の米兵3人を旧日本海軍警備隊が殺害した、いわゆる石垣島事件で亡くなった3人の慰霊祭が殺害された日である4月15日、唐人墓隣の米軍飛行士慰霊碑前でしめやかに執り行われた。中山義隆市長、平良秀之議長や関係者らが花をたむけ、戦争の悲惨さを繰り返さないと祈りを捧げた。
 同慰霊碑建立期成会の識名安信会長代行は「悲しい歴史を風化させてはいけない。後世に伝え継いでいくのが責務」とあいさつ。慰霊祭では神父が祈りの言葉を述べ、アメリカ国歌斉唱後、故人をしのび1分間黙とうした。
 中山市長は「事件から50数年たって慰霊碑が建てられ、こうして慰霊祭ができることは意義深い。犠牲になった御霊をこれからも見守り続けたい」と話した。
 平良議長は「国籍や人種関係なく多くの人が犠牲になった。平で生命の尊厳ある時代を後世に伝えていきたい」と述べた。この日参列した約20人が花をたむけ手を合わせた。
 この慰霊祭を通して識名氏は「この事件をきっかけに平和について考える機会にし、石垣から発信したい」と話し、来年は事件から75周年目となることから「米国の関係者を呼んで慰霊祭を行いたい」と述べた。
 慰霊碑は2001年に建立され、慰霊祭は今年で18回目。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  サッカーJ2のFC琉球は石垣島キャンプ最終日の26日午後、サッカーパークあかんまで、75人の小学生…
  2.  万国津梁会議の設置支援業務の委託に関し、住民が「契約内容と業者選定が正当性・妥当性を欠いて違法・不…
  3.  沖縄県振興審議会の西田睦会長は27日午後、県庁に玉城デニー知事を訪ね、沖縄21世紀ビジョン基本計画…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る