きょうから3日攻防 2陣営、辺野古や振興で舌戦 衆院3区補選

 衆院沖縄3区補選は18日から最終盤の「3日攻防」に入る。立候補しているのは新人で元沖縄タイムス社会部長の屋良朝博氏(56)=無所属=と、新人で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明、維新推薦=。両候補は米軍普天間飛行場の辺野古移設問題や子どもの貧困対策、沖縄振興策などを訴え、ラストスパートの態勢に入る。
 屋良氏は14日、うるま市内でトークイベントを開き、聴衆から、子どもの貧困問題や北部振興策などの質問を受けた。最大の争点を辺野古移設に設定した屋良氏は「(反対か容認か)分かりやすい選挙だ」と強調。自由党の小沢一郎代表、玉城デニー知事も応援演説した。続けて共産党の集会に参加した屋良氏は「安倍政権は、冷戦は終わっているのに中国が脅威だという。沖縄から終わりにしよう」と政権批判を展開。共産党の小池晃書記局長も「県民対安倍官邸の戦いだ」と述べた。
 島尻氏は選挙区各地に支部を配置し、連日集会を開催している。ただ昨年の知事選のように、自民党の著名政治家が応援に入る場面は少なく、地元スタッフ中心の選挙戦。15日に行われた北部総決起大会で島尻氏は、北部基幹病院整備などの振興策に意欲を示し、自身が後押しした貧困対策で結果が出ている好事例もあると強調。「国政でさらに進めたい」と意欲を語った。日本維新の会の下地幹郎衆院議員は「基地負担軽減をできるのは、安倍晋三首相、菅官房長官と話ができる島尻氏だ」と訴えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る