【視点】沖縄観光を牽引する離島

 沖縄観光が好調さを維持している。宮古島市は2018年度(18年4月~19年3月)の入域観光客数が114万人となり、初めて100万人台に達したと発表した。八重山も18年(1~12月)は過去2番目となる137万9千人余の入域観光客数を記録した。離島が沖縄の観光産業を牽引(けんいん)する勢いだ。沖縄としては今後の誘客活動に弾みをつけ、受け入れ態勢の整備を進めていく必要がある。
 県全体の18年(1~12月)の入域観光客数は984万2400人で、過去最高だった。離島直航便の拡大などが国内客数の増加を後押しする一方、海外客を運ぶクルーズ船の寄港も順調に増えている。
 国内客数が堅調に推移しているのは、観光ブランドとしての「沖縄」が全国的に定着しているからだ。常夏(とこなつ)の島々、透き通った海、緑豊かな山々。来客を温かく迎える人情豊かな県民性もリピーターを呼び込んでいる。現在でも観光客の中心は国内客であり、長期滞在してくれるのも多くは国内客だ。
 どうしても海外客の急増に目が向きがちだが、国内の「沖縄ファン」を大切にする気持ちを忘れてはいけない。

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄ツーリズム産業団体協議会(会長・下地芳郎OCVB会長)の代表者8人は19日午後、県庁に玉城デニ…
  2.  中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している問題で、八重山では今月に入り、外国客が…
  3.  沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長と報道陣の一問一答は次の通り。  ―OCVB内の対策委…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る