【視点】沖縄観光を牽引する離島

 沖縄観光が好調さを維持している。宮古島市は2018年度(18年4月~19年3月)の入域観光客数が114万人となり、初めて100万人台に達したと発表した。八重山も18年(1~12月)は過去2番目となる137万9千人余の入域観光客数を記録した。離島が沖縄の観光産業を牽引(けんいん)する勢いだ。沖縄としては今後の誘客活動に弾みをつけ、受け入れ態勢の整備を進めていく必要がある。
 県全体の18年(1~12月)の入域観光客数は984万2400人で、過去最高だった。離島直航便の拡大などが国内客数の増加を後押しする一方、海外客を運ぶクルーズ船の寄港も順調に増えている。
 国内客数が堅調に推移しているのは、観光ブランドとしての「沖縄」が全国的に定着しているからだ。常夏(とこなつ)の島々、透き通った海、緑豊かな山々。来客を温かく迎える人情豊かな県民性もリピーターを呼び込んでいる。現在でも観光客の中心は国内客であり、長期滞在してくれるのも多くは国内客だ。
 どうしても海外客の急増に目が向きがちだが、国内の「沖縄ファン」を大切にする気持ちを忘れてはいけない。

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第71回沖縄県民体育大会のアーチェリー競技が16、17日の2日間、浦添市の県立鏡ヶ丘特別支援学校ア…
  2.  障害のある学生の就職支援に役立てようと八重山青年会議所(JC、上地誠理事長)は20日、八重山特別支…
  3.  イオン琉球(佐方圭二社長)は21日、販売が解禁された今年度のボージョレ・ヌーヴォーの販促イベントを…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る