【視点】沖縄観光を牽引する離島

 海外客は、政府が各地で積極的に進める港湾整備の恩恵に浴している。
 政府は訪日クルーズ旅客を2020年に500万人とする目標を掲げる。県内では本部港と宮古島市の平良港が「官民連携による国際クルーズ拠点」に指定され、民間事業者も含めて岸壁や旅客ターミナルの整備計画が進んでいる。
 平良港は14万㌧級のクルーズ船に対応可能な岸壁が2020年4月に供用開始予定で、今後、民間事業者がターミナルを整備する。石垣市で進む20万㌧級に対応可能な岸壁整備は、21年春に供用開始の予定だ。ターミナルの整備手法は別途検討中という。
 現在、平良港は5万㌧級、石垣港は7万㌧級に対応する岸壁を持つが、港湾整備の推進により、宮古、石垣を訪れる海外客は数年後、さらに増えていることだろう。

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…
ページ上部へ戻る