【視点】沖縄観光を牽引する離島

 海外客は、政府が各地で積極的に進める港湾整備の恩恵に浴している。
 政府は訪日クルーズ旅客を2020年に500万人とする目標を掲げる。県内では本部港と宮古島市の平良港が「官民連携による国際クルーズ拠点」に指定され、民間事業者も含めて岸壁や旅客ターミナルの整備計画が進んでいる。
 平良港は14万㌧級のクルーズ船に対応可能な岸壁が2020年4月に供用開始予定で、今後、民間事業者がターミナルを整備する。石垣市で進む20万㌧級に対応可能な岸壁整備は、21年春に供用開始の予定だ。ターミナルの整備手法は別途検討中という。
 現在、平良港は5万㌧級、石垣港は7万㌧級に対応する岸壁を持つが、港湾整備の推進により、宮古、石垣を訪れる海外客は数年後、さらに増えていることだろう。

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の特別定額給付金10万円のオンライン申請をスマホで挑戦した。評判通り手順が煩雑で行き詰まること…
  2.  〈大変な時に収集ありがとう〉。新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市の家庭から出される一般ごみの…
  3.  政府が国民1人10万円を給付する特別定額給付金の申請受け付けが石垣市で本格化している。今週に入り、…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「尖閣諸島を守る会」代表世話人の仲間均石垣市議は23、24の両日、漁船「高洲丸」に乗り、尖閣諸島周…
ページ上部へ戻る