【金波銀波】新石垣空港開港後…

 新石垣空港開港後、石垣市が抱える久々の大型プロジェクトが2件ある。まず新庁舎建設。「市のシンボル」とされる建物が構想され、地元企業の熱い視線を集めたが、予想外の入札不調が続いた◆市が提示する予定価格と、業者側の見積もりが合わないことが最大の要因と言われている。人手不足による人件費の上昇などを背景に、市内の建築単価はうなぎのぼり。だが民間とは異なり、行政は議会で決めた予算の厳守が求められる。予定価格を柔軟には上げられない。そこで、どうしても折り合いがつかなくなるようだ◆最終的には島外の業者も含めたJV(共同企業体)との随意契約で調整が進んでいるようだが、何とか島内の業者が潤う形で決着してほしい◆もう一つの注目案件は、防衛省が進める駐屯地建設工事だ。こちらも再三、建設業界が地元優先発注を要請してきた。国防の事業ではあるが、地元としては当然、経済効果にも大きな期待を寄せている。現在は用地造成工事が進むが、今後は施設の建設が始まる◆沖縄の経済構造は大きく転換しつつあるが、今も昔も公共工事が地域振興に与えるインパクトは大きい。せっかくの大きな予算が島外に流れてしまうことを極力防ぎ、お金を島で循環させる仕組みを確立したい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山観光フェリー㈱(大松宏昭代表取締役社長、YKF)と㈲安栄観光(森田安高代表取締役)は7日、中…
  2.  国内最大クラウドファンディングサービス会社、Ready For(レディフォー)株式会社は、「新型コ…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の安里哲好会長は7日午後、県庁で記者会見し、症状がある…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  ソフトダーツのプロ・アマ混合試合「JET(ジェット)in石垣島G1」(主催・㈲アールズカンパニー、…
ページ上部へ戻る