屋良氏が初当選 辺野古移設反対、自民破る

バンザイ三唱で初当選を喜ぶ屋良氏(左から3人目)=21日夜、沖縄市

 衆院3区補選が21日投開票され、新人で無所属のフリージャーナリスト、屋良朝博氏(56)が新人で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=自民公認、公明、維新推薦=を破り、初当選を果たした。昨年9月の知事選に続き、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対する候補が、安倍政権が支援する候補を破って勝利した。選挙結果は、同様の対決の構図になる夏の参院選にも影響を与えそうだ。
 衆院補選は前任者である玉城デニー知事の知事選出馬に伴って実施された。屋良氏は辺野古移設反対を政策の柱に掲げ、普天間の海兵隊部隊を分散移転させることで辺野古移設は不要になると主張した。玉城知事や県政与党の全面的な支援を受けた。移設に反発する無党派や、保守中道支持層の一部も取り込み、序盤から優位に選挙戦を展開した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る