普天間、早期に解決策提示 屋良氏「政府は聞く耳を」 衆院3区補選

初当選から一夜明け、報道陣の取材に応じる屋良氏=22日午前、沖縄市

 衆院3区補選で初当選した屋良朝博氏(56)は一夜明けた22日午前、沖縄市の自宅で報道陣の取材に応じた。米軍普天間飛行場の返還を辺野古移設なしに実現する方法について「解決策を早く示し、選択肢を提供するのが政治の役割だ」と述べ、早期に具体策を提示したい考えを示した。
 具体策のあり方については「平時における海兵隊の運用がどうなのか、全く議論されていない。即、有事だ、即、脅威だという話になっている」とした上で「どうパズルを組み合わせれば問題が解決されるか見えてくる。それをやるだけの話」と強調した。「共同作業を拒否しているのは政府のほうだ。少しずつ聞く耳をもってもらいたい」と政府に要求した。
 当選から一夜明けた実感を問われ「きのうは主張が通ったことの喜びがあったが、一夜明け、大きくて厚い壁にどうやって風穴を開けるか考えている。沖縄の置かれた理不尽な状況をどう変えていくか。丁寧に説明すれば意識は変わる」と意気込んだ。近く訪米し、自らがするシンクタンク「新外交イニシアチブ」のメンバーと今後の活動を協議したい考えも示した。
 県紙「沖縄タイムス」の社会部長などを経験した。「(記者として)沖縄の問題を一生懸命やっても動かなかった。物事を決めるのは何と言っても政治だ」と指摘。「国会での質疑や答弁を見ていても、本筋をはぐらかしているような答弁が見える。言葉を曖昧(あいまい)にすると世の中が乱れる」と国会で政府を追及する決意を示した。
 この日、さっそく米軍キャンプ・シュワブ前を訪れ、辺野古移設に抗議する人たちを激励した。辺野古移設阻止を「活動の原動力にしたい」と改めて誓った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  伊波洋一参院議員は25日午前、石垣市平得にある陸自駐屯地の建設予定地を視察した。石垣島に軍事基地を…
  2.  衆参同日選の可能性が取り沙汰される中、衆院沖縄4区の自民党現職、西銘恒三郎氏と、野党が4区に擁立を…
  3.  石垣市の行政区域である尖閣諸島周辺の接続水域で、中国公船の航行が25日、過去最長の44日連続となっ…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、国が埋め立てのための土砂搬出を予定する本…
ページ上部へ戻る