「希望者は市に申請を」 無断利用に注意呼び掛け 米原キャンプ場

石垣市は米原キャンプ場の利用希望者に対し、事前に申請書を提出するよう呼び掛けている(資料写真)

 石垣市の米原キャンプ場で、一部のダイビング業者らが駐車場やシャワーなどを無断利用しているため、正規に利用を申請した市民が利用できないケースが発生している。同キャンプ場は従来、指定管理者が管理していたが、4月1日からは市が直営しており、市施設管理課は「利用希望者は、事前に市に申請してほしい」と呼び掛けている。27日から始まる10連休中の利用を希望する場合は、26日までに同課に申請する必要がある。
 同課によると、遊泳目的の観光客や、ダイビング業者によるツアーの中継施設として駐車場やシャワーが無断利用されている実態がある。市職員が1日1回巡回し、無断利用者を発見した場合は、利用申請を出すよう指導しているという。同課の担当者は「モラルを守ってほしい」と話した。
 同キャンプ場は、3月まで指定管理者だった団体が業務を辞退したため、4月から急きょ、市の直営になった。従来は指定管理者に利用申請を出し、その場で使用料を支払うことも可能だったが、現在は同課に事前に申請書を出し、銀行で使用料の納入手続きを行う必要がある。
 市は同キャンプ場を9月まで直営するが、10月以降は指定管理者に管理させる方向で検討している。連休明けから指定管理者の募集の手続きに入る予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  創造性を核とした世界の都市同士が連携し、地域の創造産業の発展と都市の持続可能な開発を目指す「ユネス…
  2.  琉球伝統芸能デザイン研究室(山内昌也代表理事)は24日、県庁で設立会見を行った。琉球時代に士族の間…
  3.  27日に開業を予定しているサンエーパルコ(上地文勝社長)は25日、大型商業施設「サンエー浦添西海岸…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  JA石垣牛取り扱い認定店62店舗を紹介するガイドブック『JA石垣牛認定店GUIDEBOOK』の出版…
ページ上部へ戻る