気をつけて海のレジャー 水難事故防止運動スタート

八重山地区水難事故防止運動の開始式が開かれた=25日、八重山署

 八重山地区水難事故防止運動の開始式が25日、八重山警察署で開かれた。ゴールデンウィークを皮切りとする本格的なレジャーシーズンを前に、関係者約40人が水難事故抑止を誓った。
 八重山地区水難事故防止推進協議会会長の前鹿川健一竹富町副町長は、2018年の水難事故発生状況を紹介。同年は12件の事故があり、そのうち6人が死亡した。「シュノーケリングやレジャー中に発生し、観光で来た人が犠牲になっている」と特徴を示し、安全な観光地にすることを誓った。
 八重山署の島尻重美署長は、警備艇での警ら活動やマリンレジャー関係者などの関係団体と啓発活動を推進していくことを示し、「効果的な取り組みを推進し、管内の水難事故防止を一層務めていく」と述べた。八重山署管内では今年4件の水難事故が発生している。
 水難事故防止宣言は、登野城小学校器楽クラブの6年生徒が行い、「一人では海や川には行きません」「水遊びや水泳中の子どもたちから目を離さないで下さい」など呼び掛けた。また、同器楽クラブのメンバーが演奏を披露し、参加者から拍手が送られた。
 同予防運動の期間は4月25日から8月31日までの約4カ月間。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「ちょっと待ってください。(韓国側の対応は)極めて無礼だ」。外務省に南官杓・駐日韓国大使を呼び出し…
  2.  参院選は21日投開票される。沖縄選挙区に立候補した自民公認の安里繁信氏(49)=公明、維新推薦=、…
  3.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る