石垣市は南砺市(富山)と対戦 5月29日にチャレンジデー

石垣市チャレンジデー実行委員会が開かれた=25日午後、市役所

 「市民皆スポーツ」を目標に、各自治体が住民のスポーツイベントなどへの参加率を競う「チャレンジデー2019」が5月29日午前零時から午後9時まで実施される。石垣市チャレンジデー実行委員会(委員長・中山義隆市長)が25日、市役所で開かれ、日程や予算を承認した。
 石垣市の対戦相手は富山県南砺市に決まった。同市の人口は約5万千人(2月1日現在)で、石垣市と同規模。全国119自治体が参加する。
 チャレンジデー当日は、石垣市内にいるすべての人が参加可能で、15分以上運動やスポーツをした人は、市スポーツ交流課に参加者数を報告する。人口に占める参加者の割合が対戦相手より高ければ勝者となる。敗者は対戦相手の旗をメインポールに1週間掲げる。
 石垣市は過去4回チャレンジデーに参加し、戦績は2勝2敗となっている。
 この日の実行委では、参加率60%を目標とすることなどを確認した。実行副委員長の川満誠一副市長は、「皆さんの力を借り、勝利を目指して頑張りたい」とあいさつした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが住民投票の実施を求めて…
  2.  竹富島の環境を保全しようと、9月1日から入島料の徴収がスタートして約2カ月が経過した。徴収業務に当…
  3.  県内の更生保護関係者が集まり、功労者を顕彰する県更生保護大会が20日午後、那覇市内のホテルで開催さ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る