18年度観光客999万人 県、6年連続で過去最高

 県は26日、2018年度の入域観光客数が999万9000人で、6年連続過去最高を更新したと発表した。対前年度比41万9100人(4・4%)増。年度目標の1000万人は未達成に終わった。
 目標が未達成だったことは、台風などの自然災害の発生や、県内で麻しん患者が相次いで確認されたことが影響したと見られる。
 国内観光客は6年連続で過去最高を更新する699万8200人を記録した。石垣関連では、成田との直行便が新たに就航し、国内客の増加に貢献した。
 海外では、那覇から台湾・高雄(タカオ)、韓国の仁川(インチョン)を結ぶ新規路線が、相次いで就航。クルーズ船の寄港回数も増加し、外国人観光客は年連続で過去最高を更新。初の300万人台を記録した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省からサンゴ学習団体「わくわくサンゴ石垣島」が委託を受け、川平小学校の5、6年生11人と地域の…
  2.  観光客の急増で狭隘(きょうあい)化が指摘される新石垣空港の国内線ターミナル増改築の着手が、2021…
  3.  第24回オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦・全日本少年少女空手道選手権大会(主催・社団…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る