中小企業の支援促進を 沖銀、県商工会連と業務連携

覚書を締結した山城氏(右)と米須氏=24日、沖銀本店

 沖縄銀行(山城正保頭取)と県商工会連合会(米須義明会長)は24日、連携して企業支援を行うことを目的に「業務連携に関する覚書」を締結した。相互に協力して中小企業や小規模事業者などを支援し、県内経済の活性化を図ることが目的で、相互の研修会やセミナーなどへの参加・講師派遣などを実施する予定。
 会見で山城氏は沖銀と商工会連合会との間で連絡窓口を設置し、定期的に情報交換を行うと紹介。「互いの事業やサービスの理解を深め、支援体制の充実を図る」と述べた。米須氏は「県商工会連合会は34市町村の商工会に約2万1000会員を有する県内最大規模の地域総合経済団体だ」と説明。今回の締結で、県内中小・小規模事業者への取り組みを共有できると評価し「地域経済の活性化を期待したい」と話した。商工会連合会が金融機関と業務連携を結ぶのは初めて。
 今回の覚書締結で、双方の企業担当者がそれぞれのサービスを説明できるよう連携し、幅広く県内事業者をサポートできる体制の構築を目指す。沖銀は地域密着で事業を行う社是に従い、よりきめ細やかな企業支援ができる。商工会連合会は、会員企業が課題とする事業継承問題などに地銀のノウハウやサービスを活用して対応できるため、利点がある。
 今後、連絡窓口を通して、双方のサービスについて担当者間で理解を深める。関係者の1人は「サービスは新しいものが増えている。風通しを良くして、理解を深めたい」と意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナ感染拡大を受けて出荷が大幅に滞るなど影響を受けていた竹富島特産品のクルマエビだが、需要が…
  2.  菅義偉首相の支持率が内閣発足直後、報道各社の調査で軒並み60%を超えた。秋田県の庶民出身、ごく普通…
  3.  沖縄本島在住の八重山高校卒業生で構成する沖縄尚志会(東川平靖会長)は25日午後、同校へ20万円を寄…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…
ページ上部へ戻る