【石垣島 鳥 紀行】カンムリワシ

 4月中旬、まだ白い部分が残る若いカンムリワシが、於茂登岳の南側、於茂登前岳の嵩田林道にいた。
 例年9月ごろに巣を追い出されて、流浪の旅に出る真っ白いカンムリワシの幼鳥は、成鳥の持つ縄張りを避けて、居場所を転々する。餌(えさ)とりの下手な状態で11月、12月の昆虫、カエル、ヘビも減る冬の食糧不足の時期を乗り越えねばならない。1月には成鳥のペアリングの時期が始まる。幼鳥は亜熱帯でもっと寒い2月をやり過ごし、2月、3月の成鳥のペアリングの様子を横目で見ながら、昆虫が増え、爬虫類も動き出し、カエルも増える4月を迎えている。
 この日、地面をいじり、何か探している様子の若いカンムリワシは、人の気配に気づくと枝に飛び移り、様子をうかがっている。
 成鳥の雌雄のカンムリワシがペアリングを終えて、営巣の時期に入っていれば、雌雄どちらかの縄張りが一部で留守がちになってもおかしくない。若いカンムリワシが山に進出できていることは、過酷な冬を乗り切った証(あかし)でもあり、大いに祝いたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
  2.  「闇ぬ世(ゆう)から太陽(てぃだ)ぬ世へ」をテーマに、「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会i…
  3.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、菅義偉官房長官と首相官邸で会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、…
ページ上部へ戻る