【石垣島 鳥 紀行】カンムリワシ

 4月中旬、まだ白い部分が残る若いカンムリワシが、於茂登岳の南側、於茂登前岳の嵩田林道にいた。
 例年9月ごろに巣を追い出されて、流浪の旅に出る真っ白いカンムリワシの幼鳥は、成鳥の持つ縄張りを避けて、居場所を転々する。餌(えさ)とりの下手な状態で11月、12月の昆虫、カエル、ヘビも減る冬の食糧不足の時期を乗り越えねばならない。1月には成鳥のペアリングの時期が始まる。幼鳥は亜熱帯でもっと寒い2月をやり過ごし、2月、3月の成鳥のペアリングの様子を横目で見ながら、昆虫が増え、爬虫類も動き出し、カエルも増える4月を迎えている。
 この日、地面をいじり、何か探している様子の若いカンムリワシは、人の気配に気づくと枝に飛び移り、様子をうかがっている。
 成鳥の雌雄のカンムリワシがペアリングを終えて、営巣の時期に入っていれば、雌雄どちらかの縄張りが一部で留守がちになってもおかしくない。若いカンムリワシが山に進出できていることは、過酷な冬を乗り切った証(あかし)でもあり、大いに祝いたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る