【石垣島 鳥 紀行】カンムリワシ

 4月中旬、まだ白い部分が残る若いカンムリワシが、於茂登岳の南側、於茂登前岳の嵩田林道にいた。
 例年9月ごろに巣を追い出されて、流浪の旅に出る真っ白いカンムリワシの幼鳥は、成鳥の持つ縄張りを避けて、居場所を転々する。餌(えさ)とりの下手な状態で11月、12月の昆虫、カエル、ヘビも減る冬の食糧不足の時期を乗り越えねばならない。1月には成鳥のペアリングの時期が始まる。幼鳥は亜熱帯でもっと寒い2月をやり過ごし、2月、3月の成鳥のペアリングの様子を横目で見ながら、昆虫が増え、爬虫類も動き出し、カエルも増える4月を迎えている。
 この日、地面をいじり、何か探している様子の若いカンムリワシは、人の気配に気づくと枝に飛び移り、様子をうかがっている。
 成鳥の雌雄のカンムリワシがペアリングを終えて、営巣の時期に入っていれば、雌雄どちらかの縄張りが一部で留守がちになってもおかしくない。若いカンムリワシが山に進出できていることは、過酷な冬を乗り切った証(あかし)でもあり、大いに祝いたい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る