「強く、たくましく」 県がこいのぼり掲揚式

なごみの広場の園児人が元気よく鯉幟を掲揚した=26日午前、八重山合同庁舎前広場

 県は26日、八重山合同庁舎前広場でこいのぼり掲揚式を開き、幼保連携型認定こども園なごみの広場(杉本洋介園長)の園児23人が「こいのぼりのように強く、たくましく、元気に大きくなりたいです」と声高らかに誓った。
 平美千子八重山福祉事務所長は、子どもの日の由来を「子どもたちが毎日元気で過ごせるように周りの大人がお祈りしてお祝いをする日」と説明。
 園児らが綱を引っ張ると、先頭のカラフルな吹き流しに続き、黒の大きな真(ま)ごい、赤の緋(ひ)ごい、青、緑、ピンクなどの小さいこいが庁舎3階付近まで上がり、晴れ渡った空に舞った。
 掲揚式は、児童福祉理念の周知と児童を取り巻く諸問題への社会的関心の喚起を図るための「児童福祉週間」を前に行われた。
 同週間は5月5日から11日までで、期間中は八重山管内の協力事業者での入場料割り引き・免除などがある。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採されていることが、18日までに分かった。伐…
  2.  「闇ぬ世(ゆう)から太陽(てぃだ)ぬ世へ」をテーマに、「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会i…
  3.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  岩屋毅防衛相は10日午前、玉城デニー知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古…
ページ上部へ戻る