【視点】令和の沖縄を展望する

 平成の沖縄は、オンリーワンの存在感を発揮してきた。令和の時代は勢いをさらに発展させ、オンリーワンであると同時に、ナンバーワンの力強さを獲得したい。
 観光客は1千万人時代が目前だ。沖縄本島だけでなく宮古、八重山の各離島の観光地も年間100万人以上の観光客でにぎわっている。本島北部と西表島の世界自然遺産登録は、政府が目標とする2020年まで秒読み段階に入った。那覇空港第二滑走路も間もなく完成する。大型クルーズ船の入港に向けた港湾整備も着々と進む。新たな時代に向け、観光産業はさらに規模拡大するだろう。日本が世界に誇るリゾート地である。
 ホテル、ゴルフ場などの受け皿整備は急務だ。しかし一方で、自然環境の保全や、開発に反対する地元住民とのトラブルが懸念されている。課題を一つひとつクリアする慎重さが必要だ。
 外国人観光客の中には、ショッピングセンターで買い物を楽しんだだけで帰路につく姿も目立つ。沖縄の自然や文化をじっくりと味わってもらう「滞在型観光」への転換をいかに促すか、工夫が求められる。比較的手薄だった欧米からの誘客にも取り組まなくてはならない。観光収入の圏外流出に歯止めを掛けなくては、県民所得の向上は覚束ない。
 少子高齢化が進む中で、観光や建設土木業界を中心に人手不足が深刻化している。住民生活に必要な公共施設の整備が遅れたり、住宅建設費が異常に高騰するなど、悪影響がじわじわと拡大している。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る