八重山、梅雨入り間近

黄白色の花を咲かせるフクギ。昔から梅雨を知らせる花として知られている=4月下旬、石垣市登野城

八重山地方は1日、南からの暖かい湿った空気と近海にある前線の影響で一時、雷を伴って激しい雨となり、降り始めの午前10時50分から午後1時40分までに石垣市盛山で18ミリ、伊原間で15ミリの雨が降った。
 週間天気予報によると、期間の前半は高気圧に覆われ、晴れる所もあるが、後半は前線の影響や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多く、連休後半の5日以降は曇り一時雨のあいにくの天気となりそうだ。
 一方、沖縄地方の梅雨入りも間近。平年5月9日で、昨年は6月1日に梅雨入りした。沖縄気象台が統計を取り始めた1951年以降、最も早い梅雨入りは80年4月20日。
 石垣市内では、この時季に開花するフクギの黄白色の花が路上に散り、梅雨が近いのを告げている。(文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行から5倍の増額を…
  2.  2017年から2年間で沖縄に漂着したごみ約6871立方㍍のうち、半分が八重山諸島への漂着であること…
  3.  県は18日午後、文化功労者の表彰式を県庁で行った。八重山からは、八重山古典民謡保持者の金城英皓氏(…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る