【金波銀波】翁長雄志前知事が那覇市長時代に…

 翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟」を設置するため、市有地の公園を管理団体の久米崇聖会に無償貸与していることが地裁、高裁で違憲と判断された◆憲法では、公権力が特定の宗教を優遇することを禁じる「政教分離」の規定がある。孔子廟について市は「沖縄独特の歴史や文化を継承するための施設で、宗教性はない」と主張していたが、裁判所は退けた◆一般県民としては、孔子への信仰が沖縄の歴史や文化と密着していると言われてもピンと来ないが、市は上告を決めた。今後は最高裁の判断が待たれる◆翁長市政時代の負の遺産はもう一つある。クルーズ船で来県する中国人観光客を歓迎するため、那覇港近くの若狭緑地に建立された「龍柱」だ。一括交付金などを財源に約3億円を投じたが、巨大な姿は周囲の景観に溶け込まず「異様だ」との声も上がる。保守派から「中国への服従のあかし」との批判も出る始末◆孔子廟も龍柱も、問題は行政の「過剰サービス」だ。政治家としては身を切るような厳しい判断をするより、誰かの歓心を得るほうがはるかに楽だ。辺野古の問題も含め、翁長氏もまた「嫌われる勇気」を持てない政治家だったのではないか。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は4日、市役所で記者会見し、来年1月4日に予定していた成人式を3月21日に延期…
  2.  中国が香港民主派への弾圧を強めており、欧米から批判の声が強まっている。国民の政治活動を力ずくで封じ…
  3.  県の長嶺豊農林水産部長は4日の県議会定例会で、尖閣諸島(石垣市)の領有権を主張した王毅外相の発言に…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…
ページ上部へ戻る