「沖縄に改正求める資格あり」 高橋氏が講演 自主憲法制定県民会議

「新しい憲法をつくる沖縄県民の集い」が開催された=3日、県立博物館・美術館

 憲法記念日の3日、自主憲法制定沖縄県民会議(西田健次郎会長)は県立博物館・美術館で「新しい憲法をつくる沖縄県民の集い」を開催した。講師の元読売新聞監査委員長で政治評論家の高橋利行氏は、憲法改正に賛成の立場で講演。自民党が憲法改正に向け、党大会で議決している点を強調し「憲法改正(への議論)は進んでいる。野党も乗ってきた」と述べ、国内で改憲に向けた機運が高まっていると指摘した。
 高橋氏は公明党が加憲案を出し、現行憲法に条文を追加する方法を提案したと指摘。米国など他国の例も踏まえ、「現実的には加憲だ」と強調。世論も評価しているとし「憲法議論はジリジリと進んでいる」と述べ、憲法改正への機運は高まっていると訴えた。
 現状の国際情勢について「険しい。和らぐ可能性は低い」と指摘。その上で、憲法改正で一番の問題となるのは、自衛隊だと指摘し「憲法を改正し、できる事とできない事を書くべきだ」と説いた。
 第二次世界大戦で特に被害を受けた長崎や広島、沖縄を例に挙げ「憲法改正について、沖縄から狼煙を上げるべきだ。沖縄の人には資格がある」と強調。憲法改正の機運を盛り上げ、イニシアティブを取り、政権を利用するべきとした。
 世界で軍隊として認められている自衛隊を、我が国は憲法に明記すべきとし「安倍が書くか、沖縄が書かせるかだ」と述べ、会場の拍手に包まれた。
 講演終了後、大会決議文が決議された。国際情勢が変化し、自然災害が多発する現状を指摘し、自衛隊が憲法違反と指摘される現状を変えるため、憲法改正に向けた論議を高めるべきとした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、石垣市民らが住民投票で賛否を問うよう市に求めた訴訟の第1回口頭…
  2.  「第32回マーチングインオキナワ2019」(主催・日本マーチングバンド協会沖縄支部、日本バトン協会…
  3.  安倍晋三首相の通算在職日数が20日、憲政史上最長となった。集団的自衛権の行使容認と安全保障関連法の…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る