ミンサーの希少性語る アートホテルでイベント

ミンサー織りの魅力と希少性を語ったトークイベントが開かれた=4日、アートホテル石垣島

 アートホテル石垣島(佐藤智博総支配人)と一般財団法人きものの森(矢嶋孝敏理事長)共催のトークイベント「みんさーの夜明け~モノづくり、ひと(風土)・わざ(技術)・うむい(心)」が4日、同ホテルで開かれ、関係者がミンサー織りの魅力と希少性を語った。
 ゲストは白保織工房代表の松竹喜生子氏、竹富町織物事業協同組合理事長の島仲由美子氏、きものの森理事長の矢嶋氏の3氏。
 島仲氏は、竹富町内の織り手メンバーの半数が本土出身者であることや、日頃の活動を報告。松竹氏は「(ミンサー織りの)伝統が島にあることで仕事としてやっていける。伝統を背負って仕事としてやっていけることは幸せ」と思いを語った。
 矢嶋氏は▽天然染料▽手織り▽国産―の3つのキーワードを挙げ、ミンサー織りの希少性を説明。「(沖縄では)植物の生命力を感じる。沖縄でしか天然染料の産業は残らないだろう」と分析した。
 同ホテルでは4月28日から「みんさーの夜明け展」を実施。200本のミンサー帯を展示している。12日まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の特別定額給付金10万円のオンライン申請をスマホで挑戦した。評判通り手順が煩雑で行き詰まること…
  2.  〈大変な時に収集ありがとう〉。新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市の家庭から出される一般ごみの…
  3.  政府が国民1人10万円を給付する特別定額給付金の申請受け付けが石垣市で本格化している。今週に入り、…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る