「オール沖縄」支援決定 高良氏「辺野古阻止が争点」

会見で握手する高良氏(写真前列中央)と玉城知事(同右)と糸数氏=7日、教育福祉会館

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する野党や団体でつくる勢力「オール沖縄」は7日までに、夏の参院選沖縄選挙区(改選数1)に無所属で立候補すると表明した琉球大名誉教授の新人高良鉄美氏(65)を支援することを決めた。高良氏は同日に那覇市の教育福祉会館で記者会見し、「玉城デニー知事を国政の場から支える決意だ」と強調した。
 同席した玉城氏は「若い人材を育んできた卓越した見識で、多くの国民に県民の思いを語ってほしい」と述べた。
 「オール沖縄」勢力は、玉城デニー知事を誕生させた県政与党の各会派や労組などで構成される。今後、陣営は社大党を中心に選対本部を設置し、5月中旬に事務所開きを行う方向。
 高良氏は参院選の争点について「辺野古(移設の)阻止だ」と指摘。米軍機から部品が落下し、輸送機オスプレイが飛行する現状に「空はまだ危険だ。沖縄の平和的生存権に関わってくる」と述べ、憲法9条改正に反対する意向を改めて強調した。「9条が変わると変化が起こる。沖縄が要塞化していく」と述べた。
 現職の糸数慶子氏は「参院選で高良さんを国会に送って、辺野古新基地建設ノーを日本政府に突き付けていこう。県民と一緒に勝ち取った平和の1議席をバトンタッチする」と高良氏を全面支援する意向を示した。
 沖縄選挙区には、辺野古移設を推進する自民党が、日本青年会議所(JC)元会頭の新人、安里繁信氏(49)=公明推薦=の擁立を決めている。安里氏は15日に市内で事務所開きを行う。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症の流行第2、第3波に備え、医療提供体制や県内の感染状況に応じた4段階の…
  2.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長(68)は2日、八重山日報の取材に応じ、新工場建設に向けた国の補助事…
  3.  東京都で2日、新型コロナウイルスの新規感染者数が100人を超え、感染再拡大の懸念がますます高まって…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る