オリオン、チューハイに参入 シークヮーサー原料に新商品

新ブランドの記者会見を行った宮里氏(写真右)と大城氏(同左)。写真撮影では、オリオンキャンペーンガールの崎枝志穂さんも同席した=8日、JAおきなわ新会館

 オリオンビール(與那嶺清社長)は8日、同社初となるチューハイブランド「WATTA(ワッタ)」を14日から販売すると発表した。第1弾として、JAおきなわの協力のもと、県産シークヮーサーを使用した3種類の缶チューハイを販売する。夏から秋にかけても、同ブランドで新商品を販売する予定。初年度は500㌔㍑、約6万ケースの販売目標を掲げた。
 JAおきなわ新会館で記者会見した宮里政一常務は「JAなどの協力で県産品を使って商品化した」と強調した。
 JAおきなわの大城勉理事長は「農家の意欲拡大につながれば」と期待した。
 JAの直営所などでも同ブランドの商品を販売する。
 「WATTA(ワッタ)」第1弾は、シークヮーサー果汁やエキスを含んだチューハイで、アルコール度数や甘味がない商品など計3種類ある。オリオンは県内産青果を使用したビール系飲料を数年前から期間限定で販売しており、培ったノウハウを生かし、チューハイ事業にも乗り出す。
 チューハイ商品はビール製品を製造する名護工場ではなく、県内外で委託生産する。チューハイの市場規模が全国と同じく県内でも拡大すると予想。CMも2種類準備し、県内出身ロックバンドの「ORANGE RANGE」が書き下ろした楽曲を起用し、販促に力を入れる。
 また、販売イベントでの商品サンプル提供や、商品開発を漫画で紹介し、SNSで拡散する取り組みを展開。若い消費者が親しみやすいブランドの構築を目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  玉城デニー知事は3日午後、元防衛相の中谷元衆院議員と会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設につ…
  2.  終戦間際の1945年7月3日に起きた「尖閣列島戦時遭難事件」の今年の慰霊祭が3日、石垣市舟蔵の慰霊…
  3.  沖縄振興開発金融公庫八重山支店(前村司支店長)の新型コロナウイルス関連融資の申し込みが1月27日か…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る