オリオン、チューハイに参入 シークヮーサー原料に新商品

新ブランドの記者会見を行った宮里氏(写真右)と大城氏(同左)。写真撮影では、オリオンキャンペーンガールの崎枝志穂さんも同席した=8日、JAおきなわ新会館

 オリオンビール(與那嶺清社長)は8日、同社初となるチューハイブランド「WATTA(ワッタ)」を14日から販売すると発表した。第1弾として、JAおきなわの協力のもと、県産シークヮーサーを使用した3種類の缶チューハイを販売する。夏から秋にかけても、同ブランドで新商品を販売する予定。初年度は500㌔㍑、約6万ケースの販売目標を掲げた。
 JAおきなわ新会館で記者会見した宮里政一常務は「JAなどの協力で県産品を使って商品化した」と強調した。
 JAおきなわの大城勉理事長は「農家の意欲拡大につながれば」と期待した。
 JAの直営所などでも同ブランドの商品を販売する。
 「WATTA(ワッタ)」第1弾は、シークヮーサー果汁やエキスを含んだチューハイで、アルコール度数や甘味がない商品など計3種類ある。オリオンは県内産青果を使用したビール系飲料を数年前から期間限定で販売しており、培ったノウハウを生かし、チューハイ事業にも乗り出す。
 チューハイ商品はビール製品を製造する名護工場ではなく、県内外で委託生産する。チューハイの市場規模が全国と同じく県内でも拡大すると予想。CMも2種類準備し、県内出身ロックバンドの「ORANGE RANGE」が書き下ろした楽曲を起用し、販促に力を入れる。
 また、販売イベントでの商品サンプル提供や、商品開発を漫画で紹介し、SNSで拡散する取り組みを展開。若い消費者が親しみやすいブランドの構築を目指す。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄は今も2週間前の首里城焼失の関連ニュースで持ち切りだが、東アジアは緊迫している。沖縄の将来にと…
  2.  沖縄21世紀ビジョンを総点検し、新たな沖縄振興計画に反映させる県振興審議会環境部会(宮城邦治部会長…
  3.  国際的な食品の商談会「沖縄大交易会2019」(主催・同実行委員会)が14日、宜野湾市の沖縄コンベン…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  防衛省は23日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が昨年4~12月に緊急発進(ス…
ページ上部へ戻る