260キロ走破「交流を」 花蓮の水上バイク協会来島

 台湾の花蓮県水上バイク協会(林信吉理事長)の交流団86人が9日、水上バイク44台で約260キロの距離を走破し、石垣島に到着した。花蓮市の姉妹都市・与那国町には2012年に交流団が水上バイクで訪問しているが、石垣島訪問は初めて。林理事長は「将来的には定期的に八重山に来て交流を深めたい」と期待した。一行は11日、水上バイクで与那国島へ向かう。
 同協会によると、ツアーには花蓮県だけでなく、台湾各地から参加者があった。一行は現地時間の9日午前5時、水上バイクと伴走船で花蓮を出発。水上バイクには一台に一人しか乗れないが、途中で運転者を交代し、日本時間の同日午後6時、石垣島に到着した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)は臨時会2日目の13日、市が新型コロナウイルスの経済対策として提案したプ…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…
  3.  玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言の期限を当初の15…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る