國吉は「金のために作らず」 丹尾氏、陶芸家の作品語る

國吉清尚について語る丹尾氏=11日午後、石垣市立図書館

 石垣市内で開催中の陶芸家・國吉清尚(1943~99)=那覇市出身=の没後20年回顧展に合わせ、國吉の研究者でもある早稲田大文学学術院教授の丹尾安典氏が11日、國吉の「陶器が語ること」をテーマに石垣市立図書館で記念講演した。
 生前の國吉が、自作の陶器から水が漏れていることを指摘され「あ、そう。漏れた」とこともなげに答えたエピソードを紹介。
 その上で「國吉は、自分の陶器を日常の実用品とは考えていなかった。普通なら不良品とみなされるものの良さを、しみじみ感じる人もいる。単純に金を稼ぎたくて作品を作っているわけではない」と、國吉の芸術の本質を突いた。
 多くの人が証言する國吉の繊細な性格が、作品にも表現されているとの見方を示した。
 國吉に関する論文などを執筆し、遺族とも親交が深い。國吉の研究を始めたきっかけは、沖縄旅行に行った知人から作品を見せられ、感動したことだった。既に國吉は他界していたが、当時は國吉に関する資料がほとんどなく「こういう作家がどう生きて、どういう作品を残したか、記述して残しておく必要があると思った」と振り返った。
 会場では、生前の國吉の貴重な映像も流された。
 回顧展は26日まで、八重山博物館で開催されている。時間は午前9時から午後5時まで(月曜は休館日)。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山3市町は1日、新型コロナウイルス感染拡大で観光客に求めていた来島自粛要請を解き、受け入れを解…
  2.  県立高校は1日、部活動を段階的に再開する。部活動については5月18日に県教育委員会が学校再開の21…
  3.  90%減。衝撃的な数字が発表された。4月に県を訪れた観光客の前年比だ。新型コロナウイルスで来島自粛…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県離島振興協議会・県過疎地域振興協議会(外間守吉与那国町長)は4月25日、県庁に謝花喜一郎副知事を…
ページ上部へ戻る