やりがい深め、夢広げ 高校生9人が看護体験 かりゆし病院

高齢者の体温を測定する竹原華花さん(右端)と、測定後、和やかに会話をする濱岡くるみさん(左から2人目)=11日午前、かりゆし病院2階

 近代看護の基礎を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで制定された12日の「看護の日」を前に、看護師や医師、助産師、保健師を志す八重山高校の2年生4人と3年生5人の計9人が11日午前、医療法人上善会かりゆし病院(境田康二院長)での「ふれあい看護体験」に参加した。白衣を身にまとい、袖にピンクのボランティア腕章を付けた高校生らは、現場の仕事と、高齢者との触れ合いからやりがいを深め、新たな夢への可能性を広げた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
  2.  沖縄振興開発金融公庫八重山支店(比嘉努支店長)の融資を受けたみやぎ米屋㈱(宮城隆代表取締役社長)が…
  3.  7月に投開票される参院選沖縄選挙区に向け、琉大法科大学院の高良鉄美名誉教授(65)=無所属=と自民…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄総合事務局と県は、首里城公園の正殿奥にある「御内原(おうちばら)」や、城内で最も標高の高い物見…
ページ上部へ戻る