【金波銀波】「中国経済は安定しており…

 「中国経済は安定しており、外部からのプレッシャーにも耐えられる」―。中国国営テレビのニュース番組が連日、当局のこんな声明を紹介し、自国経済の「力強さ」をアピールしている。米中の貿易摩擦による国民の不安を抑え込む狙いがありそうだが、そもそも貿易摩擦問題そのものが、国内ではまともに報道されていないようだ◆ニュース番組で珍しく時間を割いたのが、米国と直接の交渉に当たっている劉鶴(りゅう・かく)副首相の記者会見。「大国が発展する過程では、紆余曲折(うよきょくせつ)がある。習近平同志(国家主席)を核心とする党中央の指導のもと、努力すれば問題はない」と言い放った。中国版の大本営発表というところか◆米中の貿易摩擦を巡っては、メディアでも「世界経済への影響が心配」などといった論調が支配的だ。だが問題の本質は、他国の先端技術を窃取したり、国ぐるみで公正な競争を阻害しているとされる中国の体質にある◆中国発の報道を見るにつけ、この国の体制や価値観が、私たちといかに異質なのか思い知らされる。今しも「民主主義の旗手」米国は、中国の貿易慣行に、ガチンコの勝負を挑んでいる。尖閣諸島を抱える八重山住民が、心情的にどちらの味方なのか、今さら言うまでもないだろう。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  サッカーJ2のFC琉球は石垣島キャンプ最終日の26日午後、サッカーパークあかんまで、75人の小学生…
  2.  万国津梁会議の設置支援業務の委託に関し、住民が「契約内容と業者選定が正当性・妥当性を欠いて違法・不…
  3.  沖縄県振興審議会の西田睦会長は27日午後、県庁に玉城デニー知事を訪ね、沖縄21世紀ビジョン基本計画…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…
ページ上部へ戻る