【視点】「辺野古」に偏らない選挙戦を

 夏の参院選に向け、玉城デニー知事を支援する県政与党が琉球大名誉教授の高良鉄美氏(65)、県政野党の自民党がシンバホールディングス会長の安里繁信氏(49)=公明推薦=をそれぞれ擁立した。両氏の一騎打ちになる可能性が大きく、米軍基地問題や沖縄振興が大きな争点になる見通しだ。米軍普天間飛行場の辺野古移設問題で論戦が予想されるが「辺野古」だけに偏った選挙戦にならぬよう望みたい。
 高良氏は5月4日の出馬表明で最大の争点に憲法改正問題を挙げ「憲法を守る立場は徹底している」と戦争放棄を定めた9条の改正に反対する考えを示した。米軍普天間飛行場の辺野古移設に対しては「辺野古に新基地を造るべきではない」と阻止を訴えた。
 安里氏は11日の記者会見で「ポスト沖縄振興計画が争点にされるべきだ」と述べ、沖縄振興を前面に掲げる考えを示した。辺野古移設に関しては来月の政策発表で態度を示すとして「期待してほしい」と述べるにとどめた。
 辺野古移設に反対する「オール沖縄」、すなわち革新リベラル勢力と、自民党が擁立する保守中道勢力が対決する構図は、昨年の知事選、4月の衆院3区補選と同じだ。前者が辺野古阻止、後者が沖縄振興を政策の柱に据えているのも変わらない。知事選、衆院補選では革新リベラル勢力が連勝しており、玉城知事は県営運営の基盤を強化している。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…
ページ上部へ戻る