事故の実態分析 18年「交通白書八重山版」発行 八重山署

島尻署長(左)から辻野会長へ「交通白書八重山版」が贈呈された=14日夕、八重山警察署署長室

 八重山警察署(島尻重美署長)はこのほど、八重山地域の過去5年間の交通事故の実態を分析した「交通白書八重山版」を作成した。島尻署長は14日夕、八重山地区交通安全協会の辻野ヒロ子会長に同白書を贈呈。発行された約100部は今後、関係機関や学校、公民館などにも配布予定。同署は市役所ホームページに掲載されるよう市と相談している。
 同署は昨年、警察署単位では初めてとなる白書を発刊。14年から17年までがまとめてあり、今回は18年のデータが加わった。
 八重山版によると、18年中の管内の人身事故は100件(前年比7件増)で、死者は0人、負傷者は116人。特徴として「交差点事故」「高齢者を第一当事者とする事故」「自転車関連事故」の構成率の高さが県平均を上回ると指摘。物件事故は1853件(前年比83件増)と依然として増加傾向にあり、要因として入域観光客数や車両保有台数の増加が挙げられている。
 島尻署長は贈呈式で「交通安全対策には交通安全教育、交通工学に基づく対策、交通指導取締りの三原則がある。その基本となるのが事故分析」と白書の意義を強調。辻野会長は「関係団体と一体となり、交通事故が一件でも少なくなるように努める」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
  2.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
  3.  17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。  月食は地球の…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が昨年6月、沖縄県沖に墜落した事故で、米側はパイロ…
ページ上部へ戻る