「沖縄と日本は一体」 青年弁論大会で神谷さん優勝 東京

青年弁論大会で優勝した神谷さん(中央)、準優勝の小西さん(左)、3位の池澤さん=12日、靖国会館

 「日本民族にとっての沖縄」をテーマにした青年弁論大会(主催・沖縄県祖国復帰47周年靖国集会実行委員会)が12日、東京の靖国会館で開かれ、県出身者など8人が熱弁を振るった。宜野湾市出身の神谷龍さん(24)が優勝した。沖縄戦の歴史を振り返り、復帰記念日である5月15日について「英霊、沖縄、祖国が一体となった日本民族共通の歴史だ。日本民族にとって沖縄とは同胞、一体である」と訴えた。
 神谷さんは学生だった昨年、戦力の不保持を定めた憲法9条の改正を巡り、大学生を対象にアンケートを行った。多数が自衛隊の明記に賛成したが、中には「自分には関係ない」「戦争になって被害を受けるより白旗を挙げた方がよい」などと発言する学生もいた。
 「この実態に危機感を覚えた。祖国日本を守った沖縄県民の後に続く者である自分こそ、憲法改正に力を尽くす決意を固くした」と強調した。
 埼玉県川越市出身の小西沙紀さん(25)が準優勝、糸満市出身の池澤盛之さん(38)が3位に入った。
 大会では①3年後の復帰50周年を日本国民全体で祝い、1万人規模の大祭典を開催する②祖国復帰記念日を国民の祝日にするよう政府などに働き掛ける―ことなどを盛り込んだ決議文を採択した。
 弁論大会は、復帰に尽力した先人の思いを引き継ごうと、一般社団法人日本・沖縄研究政策フォーラム(仲村覚理事長)を中心に初めて開かれた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「2019年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座」(主催・沖縄県教育委員会)が14日開講し、…
  2.  石垣市の新庁舎建設と周辺開発に伴い、石垣海上保安部が離島から石垣島への急患搬送に使用している旧石垣…
  3.  ユーグレナ石垣港離島ターミナル内に整備されたプラネタリウム上映可能な多目的ドームシアター「石垣市美…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県議会11月定例会の一般質問で6、7日、那覇港湾施設(那覇軍港)地区が1974年8月から現在に至る…
ページ上部へ戻る