「護岸工事の早期着工を」 嘉手納町が副知事に要請

要請文を手稿した當山氏(左)と謝花氏。謝花氏は事前に現地を視察し、状況を確認していた=16日、県庁

 嘉手納町(當山宏町長)は16日、県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、昨年の台風24号により被災した水釜海岸の護岸強靭化工事の早期着工を要請した。謝花氏は既存予算の流用なども行い予算を捻出する考えを示し、「今年度中の着工を目指す」と答えた。
 嘉手納町の水釜海岸は、昨年の9月28日から同30日にかけて県内で被害をもたらした台風24号の強風と波により、護岸の一部を損壊。飛散した護岸により、付近の家屋や店舗などを破損させる被害を出した。高波で家屋が浸水し、町道は約1㍍冠水した場所もあったという。住民の人的被害はなかった。町議会は県に対し、被災箇所の早期復旧や護岸の強靭化を要請していた。
 県は被災地域の住民説明会を開催し、今年9月末までに護岸の復旧工事を完了させる方針を示していた。越波対策として護岸の改良を進めるとも説明した。改良工事は数年かかると説明があったという。
 16日の要請で當山氏は、地域住民から数年かかる工事を不安視する声があると訴え、工事の早期完了を求めた。謝花氏は「できる事はすべてやる」と意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したかりゆし病院の境田康二院長は30日、八重山合…
  2.  石垣市のかりゆし病院で起きた新型コロナウイルス院内感染の陽性者は30日現在、55人に上り、県内で発…
  3.  安定する数字と言えば「3」か。3本の脚をもつ古代中国の金属製の器「鼎(かなえ)」が浮かぶ。が、それ…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  国土地理院が、与那国島にある岩「トゥイシ」を日本の国土を示す最も基本的な地図とされる「2万5千分の…
ページ上部へ戻る