自立、共生、多様性を  「沖縄の心」で知事

 玉城デニー知事は17日の定例記者会見で「沖縄の心」について問われ「ウヤファーフジ(先祖)から受け継いだチムググル(思いやり)、自立と共生と多様性の考え方を尊重し、誰もが互いに助け合い、誰もが取り残されることなく幸せになる理念を実現したいというのが沖縄の心ではないか」と述べた。
 私心なく奉仕をするのがウチナーンチュの共通のアイデンティティーだと指摘。「我々、責任世代はチムググルをしっかり伝えていくために、言葉に出し、行動で示す必要がある」とも強調した。
 知事は就任後、最初の復帰の日(5月15日)に合わせて、記者から「沖縄の心」を聞かれるのが慣例となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)は6月定例会初日の17日、石垣島平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画の是非…
ページ上部へ戻る