回復者ら3人が訴え ハンセン病市民学会が総会

体験を語った(右から)、上野正子さん、宮良正吉会長、金城雅春会長=18日午後、石垣市民会館中ホール

 「闇ぬ世(ゆう)から太陽(てぃだ)ぬ世へ」をテーマに、「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会in八重山・宮古」の八重山集会が18日午後、石垣市民会館中ホールで開催された。八重山出身者のハンセン病回復者の3人が、約300人(主催者発表)を前に自身の体験を語り、根強く残るハンセン病問題に関する理解を深め、社会から差別や偏見をなくすよう訴えた。
 体験を話したのは、鹿児島県の国立療養所星塚敬愛園に80年近く入所している上野正子さん(92)、大阪で活動する関西退所者いちょうの会の宮良正吉会長(73)、沖縄愛楽園自治会の金城雅春会長(65)ら3人。八重山地域には療養所がないため、島外に出ざるを得なかった。
 上野さんは両親により結婚式が取りやめになったことなどを話し、「私は語り部として神様が生かしてくださったと思って、偏見・差別のない社会を願いながら100歳まで生きる」と強調。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉…
ページ上部へ戻る