回復者ら3人が訴え ハンセン病市民学会が総会

体験を語った(右から)、上野正子さん、宮良正吉会長、金城雅春会長=18日午後、石垣市民会館中ホール

 「闇ぬ世(ゆう)から太陽(てぃだ)ぬ世へ」をテーマに、「第15回ハンセン病市民学会総会・交流集会in八重山・宮古」の八重山集会が18日午後、石垣市民会館中ホールで開催された。八重山出身者のハンセン病回復者の3人が、約300人(主催者発表)を前に自身の体験を語り、根強く残るハンセン病問題に関する理解を深め、社会から差別や偏見をなくすよう訴えた。
 体験を話したのは、鹿児島県の国立療養所星塚敬愛園に80年近く入所している上野正子さん(92)、大阪で活動する関西退所者いちょうの会の宮良正吉会長(73)、沖縄愛楽園自治会の金城雅春会長(65)ら3人。八重山地域には療養所がないため、島外に出ざるを得なかった。
 上野さんは両親により結婚式が取りやめになったことなどを話し、「私は語り部として神様が生かしてくださったと思って、偏見・差別のない社会を願いながら100歳まで生きる」と強調。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  創造性を核とした世界の都市同士が連携し、地域の創造産業の発展と都市の持続可能な開発を目指す「ユネス…
  2.  琉球伝統芸能デザイン研究室(山内昌也代表理事)は24日、県庁で設立会見を行った。琉球時代に士族の間…
  3.  27日に開業を予定しているサンエーパルコ(上地文勝社長)は25日、大型商業施設「サンエー浦添西海岸…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る