【金波銀波】与那国島の大雨被害視察などの…

 与那国島の大雨被害視察などのため、八重山を訪れた宮腰沖縄担当相。石垣市の八重山博物館では、尖閣諸島が日本固有の領土であることを中国政府が認めていたことを示す感謝状を見学した◆「貴重な資料を大切に保存し、尖閣諸島が日本固有の領土であることの広報啓発に努めてこられた」と、地元住民をねぎらったという◆感謝状のレプリカは、東京の領土・主権展示館でも見ることができる。同館は近く移転し、面積や展示物が拡大・拡充される。尖閣史の専門家である石井望・長崎純心大准教授は「大切なのは展示することだけでなく、展示の中身だ」と指摘する◆尖閣周辺では、中国政府が派遣した船が「パトロール」と称して常駐し、海保の巡視船と対峙している状況だ。攻めと守りは、一般的に攻めが有利とされる。日本が官民挙げて「尖閣は自分たちの領土だ」という意識をアピールしなければ、領土を侵奪されてしまいかねない◆八重山住民にとってちょっぴり残念だったことがある。玉城デニー知事には訪中前に、ぜひ同博物館に立ち寄り、感謝状を見学し、宮腰沖縄担当相と同じセリフを言ってほしかった。中国副首相との握手も大事だが、尖閣問題で、肝心の当事者の腰が引けているように見えるのはいただけない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島の星の祭典「南の島の星まつり2019」(主催・同実行委員会)で4日午後、世界初のブラックホー…
ページ上部へ戻る