本部港整備に遅れ 沖縄相「町、県と連携」

 本部町でクルーズ船対応の港湾整備が遅れている問題で、宮腰光寛沖縄担当相は21日の記者会見で「整備が目標年次よりも遅れることになったが、政府としては県、本部町ともしっかりと連携しながら着実な整備に努めたい」と述べた。
 県は20日、名護市で開いた北部市町村との意見交換会で、港湾整備の完成を当初の予定から1年延長し、2020年度とする考えを明らかにした。
 本部町は官民連携での港湾整備を進めており、民間事業者が旅客ターミナルを整備をする計画になっているが、町と事業者の調整が遅れ、国が19年度の補助事業予算を減額している。
 宮腰沖縄担当相は「民間のクルーズ船会社との関係は鋭意、沖縄県の方で調整をしていると聞いている。そこがしっかりとまとまれば、引き続き着実に整備を進めていきたい」とした。調整が進むことを前提に、県からの補正予算の要請を検討する考えも示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  衆院3区補選が21日投開票され、新人で無所属のフリージャーナリスト、屋良朝博氏(56)が新人で元沖…
ページ上部へ戻る