AI活用し希少種守る 環境省とドコモ、実証実験

画像認識AIをブースで実演する=22日ICTセミナー

 沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモは21日、ドコモの画像認識AI「画像認識エンジン」を活用したカメの希少種の判定を行う実証実験を始めた。
 対象となる希少なカメはリュウキュウヤマガメ、ヤエヤマセマルハコガメ、ヤエヤマイシガメの3種類で画像認識エンジンを活用したアプリで撮影するとAIが画像を瞬時に判別して希少種かどうかを表示する。
 密猟・盗掘防止パトロールの現場や空港・フェリー乗り場などの手荷物検査時や郵便、宅配の受け付けなどで実証実験が進められる。動植物の知識が少ない職員でも判別可能になり、島外への持ち出しを未然に防ぐことが期待される。
 NTTドコモの龍秀樹沖縄支店長は「希少動物かは素人はわかりにくい。アプリで即時に判別できるので水際対策で活用したい」と期待した。
 この日発足した「世界自然遺産推進共同企業体」とも連携。今回対象とする希少なカメは同団体のNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の協力でデータベースが作成された。今後、AIを使った希少種判別の種類も増やしていく予定という。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが減少した地元店舗を支援しようと、石垣市は11日、全市民を対象に、島内…
  2.  石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。…
  3.  石垣市教育委員会は11日、2021年度から4年間使用する中学校教科書を採択した。公民は育鵬社版が選…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る