沖縄防衛局が工事再開 伊波氏「カンムリワシ保護を」 石垣陸自配備

視察後、取材に応じた伊波氏(中央)と上原氏(右)=25日午前、平得の建設予定地前

 伊波洋一参院議員は25日午前、石垣市平得にある陸自駐屯地の建設予定地を視察した。石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(上原秀政共同代表)の市民ら数人と予定地である旧ゴルフ場に入り、防衛省整備計画局の野﨑清隆整備企画官から説明を受けた。
 視察後、報道陣の取材に応じた伊波氏は、防衛省が国の特別天然記念物カンムリワシの営巣を確認しないまま用地造成工事に着手したことを批判。「営巣期間は工事をストップすべき。環境アセスもすべきだ」と訴えた。
 予定地周辺ではカンムリワシの営巣が確認された。防衛省は、カンムリワシの繁殖に影響がない手法、工程を確認し、大きな機械音が突発的に出るような作業を控えることなどについて石垣市と協議したとして、同日から工事を再開した。視察中も砂利を積んだダンプカーが中に入った。
 伊波氏は、防衛省が確認した以外にもカンムリワシのつがいがいると述べ「実態が分からないまま工事をしている。近いところで営巣している可能性が大きい」と疑問視。連絡会の嶺井善共同代表は、ふだんから周辺でカンムリワシを見かけるとして「アセスをやらなかったので、こんな話になった」と指摘した。
 視察に同行した連絡会の藤井幸子さんは「環境省が防衛局と情報を共有していない。作業再開は納得できない」と非難した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…
ページ上部へ戻る