【視点】日米同盟に依存する平和と繁栄

 安倍晋三首相とのゴルフ、天皇陛下の晩さん会招待、大相撲優勝力士への大統領杯授与、高級居酒屋での接待―。テレビ映えがするイベントが次々と繰り出されている。国賓として来日したトランプ米大統領を、日本政府が国を挙げて歓待している。ほほえましく感じる人、あるいは眉をひそめる人もあろうが、日本の平和と繁栄は、厳然として日米同盟に依存している。その現実を、まざまざと見せつけられるような光景だ。
 トランプ大統領は27日、拉致被害者家族と2017年以来、2回目の面会を果たした。「拉致問題は常に頭の中にある。この問題が安倍首相にとって最優先であることも知っている」と被害者帰国への支援を約束した。
 日本にとっては心強い言葉だが、聞いていて物悲しくもある。拉致問題の被害者は日本人であり、本来は日本政府が責任を持って、自力で解決しなくてはならない。しかし米国の力を借りなくては、北朝鮮との直接交渉さえままならない。
 北朝鮮が交渉相手として向き合うのは何と言っても米国であり、そして中国だろう。いずれも強大な軍事力と経済力を持つ国だ。国際社会はそうした「力」を背景に動いている。日本は米国と一緒でなければ、核やミサイルで威嚇してくる北朝鮮とも、超大国化した中国とも対峙できない。
 この現実は敗戦後、日本が新憲法を制定し、「平和国家」として歩み出した瞬間から定まっていたと言っていいだろう。日本は現在、精悍な自衛隊を保有し、世界3位の経済規模を誇るが、それでも国力は米国、中国には及びもつかない。不安定な国際情勢下で、日本の平和と繁栄を保証しているのは、まぎれもなく米国だ。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の観光関係者が集まり、島の観光のあり方を論議する「プラットフォーム会議」が24日夜、市健康福…
  2.  岩手・沖縄かけはし交流会(小山雄士会長)の30人は24日午後、第18回石垣島マラソンに合わせ来島し…
  3.  八重山地方は24日、高気圧に覆われて、雲一つない快晴となった。この影響で各地とも最高気温が25度を…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る