紙芝居や歌を披露 スマムニ隊が慰問 ばすきなよー・ゆりヶ浜で

公演が終わり笑顔で集合するスマムニ広め隊と「ばすきなよー・ゆりヶ丘」の利用者=27日午後

 一般社団法人ゆんたくガーデン(大倉弘美代表理事)のスマムニ広め隊は27日午後、デイサービスばすきなよー・ゆりヶ浜(石垣市宮良、宮良太康施設長)で、スマムニ(石垣島の方言)による紙芝居や歌などの公演を開き、お年寄りを楽しませた。標準語の通訳もあり、スマムニがわからない人にも配慮した内容だった。
 同法人ゆんたくガーデンの大倉弘美代表理事(39)の母親で、同施設の利用者だった大倉ナミ子さん(享年94歳)の一周忌が27日なのがきっかけ。
 大倉さんは「今日は(母親の)命日になっているので、母親に代わり感謝の思いを届けたく、この場所に立っています」とスマムニで開会のあいさつ。「師番の赤馬」や「野底マーペー」「仁王仏とカタツムリ」など昔話を披露した。さらに「島人ぬ宝」「ふるさと」のスマムニバージョンを全員で合唱。最後はカチャーシーを全員で踊った。
 利用者の池間セツさん(89)は「楽しみがあって幸せ」と声を弾ませた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山署は1日、石垣市八島町の港湾で3月2日に新栄町の農業男性(70)が死亡しているのが見つかった…
  2.  新型コロナウイルスの感染が全国で拡大する中、石垣市の中山義隆市長が、体調不良の症状がある人は来島を…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、那覇市中心商店街連合会のメンバーが3月31日、県庁で玉城デニ…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の胡春華(こ・しゅんか)副首相は18日、河野洋平元衆院議長が会長として率いる日本国…
ページ上部へ戻る