漂着ごみでアート製作 あすからプロジェクト開始 離島ターミナル

会見後、写真撮影に応じた竹田氏(写真右)と仲程氏。仲程氏が持つ箱がアートスタンドの模型。7月からは、環境に配慮する観光についてのアイディアも募集すると発表した=28日、県庁

 西表島の自然と文化を守るプロジェクトを運営する「アス・フォー・イリオモテ」(竹田尚志代表)は28日午後、県庁で記者会見し、観光客に漂着ごみを集めてもらうプロジェクト「ヤマネコゴミゼロアート」を30日から石垣港離島ターミナルでスタートすると発表した。
 平田観光のチケットカウンター付近に、廃材などで作った畳1畳ほどのアクリル製アートスタンドを設置。観光客が島々の海岸で回収した漂着ごみを帰港時、スタンド内に入れてもらう。回収してもらうのは、約10㌢のスタンド幅よりも小さな漂着ごみ。漂着ごみがスタンドに積み上がっていくことで、アートのようになる。
 会見で、プロジェクトの責任者で石垣出身の写真家・仲程長治氏は、マイクロプラスティックによる海洋汚染などを問題視し「ツーリスト(旅人)たちの手で(ごみを)拾って、アートができないか」と期待した。
 竹田氏は、西表島の動物や自然の保護・文化継承を行う団体へのサポートに活用する基金を創設し、2年で目標金額3000万円以上を目指す考えを示した。仲程氏が制作する予定の環境保護啓発のドキュメンタリー映画(2020年秋公開予定)の費用にも活用する。
 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナ感染拡大を受けて出荷が大幅に滞るなど影響を受けていた竹富島特産品のクルマエビだが、需要が…
  2.  菅義偉首相の支持率が内閣発足直後、報道各社の調査で軒並み60%を超えた。秋田県の庶民出身、ごく普通…
  3.  沖縄本島在住の八重山高校卒業生で構成する沖縄尚志会(東川平靖会長)は25日午後、同校へ20万円を寄…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉…
ページ上部へ戻る