中国に油断してきた国際社会 知事発言は「融和政策」そのもの

 尖閣諸島で領海侵入を繰り返す中国公船に関し、玉城デニー知事が「中国公船がパトロールしているので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」と述べた。八重山日報社は4日までに、日本政府に対し、尖閣諸島の実効支配の強化を提言してきた元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長で、大阪大学大学院国際公共政策研究科の准教授でもあったロバート・D・エルドリッヂ氏に、知事発言の受け止めを聞いた。
 知事の発言は、中国が大喜びし、期待する融和政策そのものだ。知事には、もう少し歴史、特に国際政治史を勉強してほしい。
 中国は、自らの意図を公に明らかにする国だ。既に「尖閣は中国のもの」「沖縄は中国のもの」と表明してきた。中国は南シナ海で急速に実効支配と軍事化を進めているが、少なくとも90年代初期ごろからその意図を公言してきた。「中国を刺激してはいけない」としてきた米国を含めて国際社会は危険なほど油断してきたのだ。このままでは尖閣諸島を含む東シナ海も同じことになる。甘く見るべきではない。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、尖閣諸島に灯台や無線中継施設などを整備することに関…
  2.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、2009年に自治基本条例が制定された経緯に関し「議…
  3.  竹富町は小浜島の町指定天然記念物「コーキ原のガジュマル群落」に遊歩道を整備する。来島者が立ち入りし…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る